小学生の英語指導が、株式会社デジタル・ナレッジ様の活用事例で紹介されました!

南あいの里学習塾の小学生の英語指導について、株式会社デジタル・ナレッジ様から取材を受けました。
その内容が株式会社デジタル・ナレッジ様のホームページに公開されています。

https://www.digital-knowledge.co.jp/product/studypad-service/studymarket/mpi/mpi-interview/#anchor-interview-minamiainosato
小学生の英語では、英単語を効率よく覚えられるようになるフォニックスの学習が効果的です。
南あいの里学習塾では、mpi英語プログラムという教材で小学生に英語を英検4級程度の文まで聴く・話す・読む・書くという4技能をバランスよく指導しています。

また、家庭での定着学習のためのHomeworkや、MONOXER(モノグサ)という学習アプリを利用した英単語やフォニックスの問題も配信しています。
フォニックスとは、英語の綴り字と発音との間の規則性を学習し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つです。英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられています。日本の小中学校では、ほとんど学習しませんが、綴りを見ただけで英単語が発音できるようになるので、「自分で読める!」「自分で書ける!」という自信がつき、英単語を学習する際にとても有効です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。